読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「本が好きになったら子育ては成功!」楽しい読み聞かせ&読書時間

楽しく読み聞かせをして、本が好きな子に育てましょう。

すきになったら

こんにちは


先日、本屋さんでこの本にひとめぼれしちゃいました。

すきになったら

「すき」っていう気持ちを知ったすべての人へ。ヒグチユウコが描く愛の絵本。
すきになったらしりたくなる。
あなたのすきなものをすきになったり、
あなたにとってだいじなものをりかいしたくなる。
だっていっしょにいたいから。
人を好きになったときの心のゆらぎと変化を、少女のモノローグで語る愛の絵本。
好きになる、恋をするのは人に対してだけではないかもしれない。

心底、何かに心を奪われたとき、世界が美しく変わってゆく瞬間を描いた1冊。

Amazon書評より~


恋をした時の純粋な気持ちを覚えていますか?


子どもが生まれると、夫婦関係も微妙に変化してきますよね。


パパママやお父さんお母さんと呼び合うようになって

名前で呼び合うことがなくなります。

パパにももっと育児を手伝ってほしいと思ったり

ママにもっとかまってほしいと思うパパがいたり

お互いに忙しすぎて会話がすれ違ったり

パートナーへの不満が募ったりすることもあるかもしれません。

でも思い出してください。


相手に何も求めない純粋な気持ちを。


初めてパートナーに恋した時の気持ちを。


その大好きな人との大切な愛の結晶が子どもなのです。


大切に大切に育てましょう。

ご夫婦でどんな子に育ってほしいか話し合うことが大切です。


読書は生き方を育てます。


読み聞かせは、読書を好きになってもらうためのもの。


ご夫婦で読み聞かせを続けていこうと話し合い、

ふたりで読みきかせをしましょう。

パパは遊び担当!なんて思っていませんか?

もちろんそれも大切です。


パパが育児や教育に積極的な家庭の子どもたちは

賢いと言われています。


特にパパの読み聞かせはママの3倍の効果があるとか…。


なぜかって?


それはパパが読み聞かせると本から脱線して

いろんな話をすることが多いから…


という理由なのだとか。


「なぜだろう?」

「どうしたらよいのだろう?」と考えさせる質問が

パパの方が上手なのかもしれませんね。


読み聞かせの時間は子どもとのコミュニケーションの時間です。


何より、パパが読んでくれると子どもはとても喜んでくれますよ。

同じ本でもパパとママでは子どもの反応が違うのです。

ママの負担を軽くすることもできるのでママも喜んでくれますよ。


今日からパパも積極的に読み聞かせをしてくださいね。